京都の薬局、不妊治療や更年期障害なら京都漢方薬局の【今村薬局】

京都 嵯峨嵐山の薬局、不妊治療や更年期障害なら京都漢方薬局の【今村薬局】

更年期障害のご相談

いままで、頑張ってきた女性を応援します。

これからの人生を元気で幸せに送るためにも体の変化に対応できる体作りをしませんか!!

  • 更年期障害の女性

    更年期!それは人生色々頑張って来て、少し疲れが出る時期です。
    閉経前後10年、大きく体が変わる時でこれからの新な人生を迎える準備期間とも言えるでしょう。

  • 更年期障害の女性

    更年期障害とは

    更年期とは女性の加齢に伴う生殖期から非生殖期への移行期であり日本では閉経の前後5年の合計10年間とされます。
    更年期に現れる多種多様な症状の中で器質的変化に起因しない症状を更年期症状を呼び、これらの症状の中で日常生活に支障を来す病態を更年期障害と定義されています。

  • 主な更年期障害の不定愁訴は!!

    血管運動神経症状(エストロゲン欠乏症状)
    *顔のほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)・異常発汗・動悸・めまい・高血圧

    精神神経症状
    *情緒不安・イライラ・抑うつ気分・不安感・不眠・頭重感

    その他
    *腰痛・関節痛・吐き気・食欲不振・乾燥感・
    かゆみ・排尿障害・頻尿・性交障害

    +特に日本人に肩こり、易疲労感・頭重・のぼせ・腰痛・発汗が上位です。

  • 当店に多い相談内容

    ① ホットフラッシュ(体が熱い)のぼせ・発汗② 不眠③ めまい④ イライラ・不安感⑤ 検診検査結果による相談 ・コレステロール値上昇 ・高血圧 ・血糖値上昇

    エストロゲン(女性ホルモン)は血管を拡張してくれたり、血液をサラサラしてくれるなど血管を守ってくれます。
    そして、骨も守ってくれます。閉経後、心筋梗塞・脳梗塞・狭心症など血管の病気、骨折などのリスクが増えます。
    当店では、それらの病気の予防も含め、不定愁訴の症状の軽減に漢方医学を使いその人その人に合った処方を提案します。

女性のための漢方です
  • 相談の多い年齢

    39歳~43歳  48歳~55歳

    最近は高齢出産の影響もあり、30代後半で幼児期のお子様の育児疲れで体調が悪い方が増えている傾向があります。そして、閉経が以前に比較して少し早い傾向があり、40代後半で更年期障害の症状を訴える方が増えています。
    お仕事を持つ方が激増して女性の負担が相変わらず重く、特に精神的な訴えが多い様に思いますので、一人で悩まずご相談ください。大きな病気になる前に、病院のお薬を飲む前に体の不調をもともとの人間の持っている自然治癒力を引き出す漢方薬で整えてきましょう!

当店での相談成功事例

  • 54歳 閉経1年 体重74キロ

    54歳 閉経1年 体重74キロ

    訴え:冷え・めまい・ホットフラッシュ・首から上の汗・肥満・下痢しやすい
    酵素液でファスティング 半年(満月・新月に一日断食)実施64㎏まで減量。
    脾虚・腎虚・・・・・漢方薬2種類アミノ酸のサプリメント。
    *酵素を使いながらのダイエットをすることにり新陳代謝をあげ弱い経絡の部分を治療する漢方薬を服用することにより不定愁訴改善。

  • 43歳 病院の処方薬ワイパックス・デパス服用中 /既婚、お子様2人

    43歳 病院の処方薬ワイパックス・デパス服用中 /既婚、お子様2人

    訴え:生理痛・時々不眠・気分の落ち込み・不安感・イライラ(子供に対して)・冷え
    最初の来店時は顔色悪く、声も小さく元気がなくやる気が落ちていた様子。
    生理痛があるのでまずはお血【おけつ】を取り払う漢方薬を服用。
    肝気鬱血、腎陽虚あり。これらの漢方薬を8か月服用、不定愁訴改善。
    お仕事はパートしかできる自信がなかったけれど、オールで働ける体の自信ができてお仕事が決まり充実し始める。
    病院のお薬も飲む必要がなくなる。

  • 45歳 お顔の吹き出物(吹き出物の化膿)・不眠・胃の不快感

    45歳 お顔の吹き出物(吹き出物の化膿)・不眠・胃の不快感

    訴え:問診の結果、お血【おけつ】が著明。自律神経が弱い。
    お血【おけつ】薬を主とし自律神経を調整させる生薬配合の薬用人参製剤を服用。
    3か月で吹き出物がきれいになり不眠解消。

更年期の相談
  • 漢方薬をおすすめする理由

    五行の相関図

    東洋医学には、「未病」という考え方があります。
    病気ではないが、健康でもない状態で

    病院に行って検査をして特に異常がない、更年期になり女性ホルモンが落ちるのは自然なことです。

    ただ、自覚症状は個人差があり症状により苦しめられる度合は各々違います。その症状を少しでも緩やかにして自分の自然治癒力で整えていけるようにしてくれるのが東洋医学の考えだ思います。

    未病は、病院の診療では「何も問題はありません、様子をみましょう、年のせいです」と対処されることが多いです。 だいたい、自律神経失調症と名付けられ、処方される薬も決まっています。

    漢方薬はその人その人の弱い部分を探し出し、漢方薬の種類も量も違います。
    西洋医学の体の一部分を治療する考え方ではなく、体全体をみていくのが東洋医学の魅力と言えるでしょう。

  • 不妊・子宝の相談
  • 耳鳴り・めまいの相談
  • 更年期障害の相談
  • アレルギー・湿疹の相談
電話番号
まずはお電話下さい
メールでお問い合わせ
Q&A
お客様の声
不妊・子宝の相談
更年期障害の相談
耳鳴り・めまいの相談
アレルギー・湿疹の相談
アトピーの相談
不眠の相談
冷え性の相談
子宝カウンセラーの会
たんぽぽ茶 ショウキT-1 不妊治療
今村薬局
075-861-0537

営業時間
9:00 ~ 18:30 (木曜日を除く平日)
10:00 ~ 15:00 (土曜日)
定休日 木曜日・日曜日・祝日
交通アクセス JR嵯峨嵐山駅より徒歩10分

TOPへ